整体師の資格

整体師になるには整体学校で資格を取得するのが一番確実な方法です。

マッサージ師や鍼灸師、柔道整復師は国家資格ですが、整体師になるための法律上必須な資格というものはありません。ですが、ほとんどの人は整体学校や整体の養成機関が発行する資格を取得した上で、整体師という職業に就いています。整体師になるのでしたら、やはり整体学校の門を叩くのが一番確実な方法でしょう。一口に整体と言っても、学校ごとに行っている施術方法や手技にはかなりの違いがありますので、自分がどのようなスタイルの整体師になりたいのかをよく考えてから学校に入学するべきです。大まかに言って、経絡理論によるアプローチ法、リンパ・血流の流れにアプローチする方法、骨格矯正によるアプローチ、筋肉を調整するアプローチ法等の手法があります。

自分のライフスタイルに合わせて学習期間を調整できます。

整体学校により学習期間は異なりますが、短い期間で2週間程度、長い期間で2年間程度の開きがあるようです。学習期間によりレベルや習熟度に違いが出るでしょうが、2週間でも卒業して資格を得られれば基本的には現場で働くことができます。ですから、すぐにでも整体師として働きたいという人は、比較的短い学習で卒業し、現場で整体技術を学んでいくというスタンスがよいでしょう。時間やお金に余裕のある人は学校で長く学ぶことも可能です。優れた整体師になるには、現場で働きながら実地に学ばせていただくという謙虚な姿勢で向上心を忘れないことが非常に重要です。日々のお金を稼ぐために働くというよりは、他者に対する慈愛の精神も無くてはならないものです。